自分に合ったウォレットを探す!比較するポイントは?

選び方と使用方法

ビットコインウォレットにはいくつかの種類があります。最もポピュラーなのがPCや携帯端末用のアプリをインストールして、アドレスを作成して使用する方法です。多数のフリーソフトがあるので、自分に合ったものを選ぶことができます。ウォレットアプリには多くの種類がありますが、送金時にパスワード入力を必要とするアプリがおすすめです。ネット上から為替情報を取り入れて、日本円などに換算してくれるものが良いでしょう。
他にもBlockchain Infoというサイト上で無料でウォレットを作成して利用することもできます。これはフリーメール感覚で手軽に利用することができますが、秘密鍵がインターネット上に存在するので不正アクセスによって“盗まれる”恐れがあります。高額のコインを保管するのであれば、自分の端末に入れたウォレットを利用することをおすすめします。
仮想通貨取引所に口座を開設するとそれぞれの利用者のためにアカウントが発行されるので、ウォレット代わりに利用することもできます。取引所のアカウントは、投資で頻繁に取引する場合に便利です。
ビットコイン専用のデビットカード「Wirex」を発行するとビットコイン用のアドレスと米ドルやユーロなどの通貨の口座が作成されるので、Wirexのアドレスで保管しておくことも可能です。

ウォレットは仮想通貨を安全に保管するもの

ビットコインは日本円や米ドルなどのお金と同じで、世界中で現地通貨や仮想通貨に対応したお店で品物・サービスの支払いに利用できます。このため、お金のように盗まれる恐れがあります。自分のビットコインを安全に保管するためには、ウォレットアプリを利用する必要があります。
取引所でコインを購入した場合、すぐに取引をしないのであれば必ず自分用の安全なウォレットに移動させておくようにしましょう。取引所やデビットカード、インターネット上に作成したアカウントはあくまで一時的な保存用として利用すべきです。ビットコインを安全に保管するためにはウォレットアプリをインストールして自分専用のアカウントに入金しておく必要があります。
ウォレットアプリを端末にインストールすると、最初に自分専用のアカウントを作成します。アカウントはアプリが自動的に作成してくれますが、必ず復元フレーズ(複数の単語)を紙などにメモしておきましょう。復元フレーズがあれば端末を紛失したり、誤ってアプリを消去しても自分のアカウントを復活させることができます。
高額のビットコインを安全な場所に保管しておきたい場合には、ウォレットアプリでアカウントを作成してから復元フレーズを紙にメモするか記憶しておき、ウォレットに送金してから作成したアカウントを消去する方法があります。これはペーパーウォレットと呼ばれ、インターネット上にアカウントの秘密鍵が存在しないので一番安全な保管方法です。