ビットコインのレバレッジ取引とは?

投資として見た場合

ビットコインを手に入れるには取引所を通じて現実通貨を使い購入する方法や、マイニングと呼ばれる方法で未使用のビットコインを発掘するといった方法があります。普通にビットコインを使うのであれば、現実通貨の交換がスタンダードな使い方です。
一方で現実通貨との交換レートは日々変化しているので、その価格差を使って差益を得る取引も盛んに行われています。その場合の取引は以前は1対1で行う現物取引といったものでしたが、近年はレバレッジ取引に対応したところも増えています。基本的にはFX取引でビットコインの単位であるBTCに対応したものです。レバレッジ取引は現実通貨1に対して数倍から数十倍の倍率を掛けて取引が行えるもので、それだけ少ない資金で投資が出来るものです。
ただFXとは異なって証券会社が行うのではなく取引所がレバレッジ取引を行っています。一方でそのような取引をするさいにはトレードシステム会社に依頼するのが無難です。名だたるところではビットリージョンやトレードコインクラブといったところが有名で、いわゆる投資ファンドのように資金を預けて利益を得ることができます。もちろんリスクはありますが、成長著しいビットコインの世界においては現在でも高い配当が期待できます。

レバレッジ取引の投資をするのはアリか?

新聞記事や専門誌の記事を見ても、レバレッジ取引には危険が伴うということが書かれていますし、取引所でもそのリスクに関しては明確にかかれています。ただ現実として借金をしてトレードしない限りマイナスになることはなく余剰資金であれば多少のリスクはとってでも投資を行うことに危険性はありません。むしろ現実通貨の金融投資の方がリスクが高いといえますから、ビットコインのような仮想通貨への投資は安全性が高いケースもあります。
またレバレッジ取引でリスクとなるのが、その倍率ですが、倍率を極端に大きくしなければリスクも下がります。反対に倍率が高いほどリスクも高く、その点でFX取引を行うさいには注意が必要です。ビットコインでレバレッジ取引をするのであれば、取引所の種類や倍率を見ておくのがポイントです。
特に信用取引型やFX型の場合には気軽に行え、資金さえ補充すればいつまでも保有することができますが、先物型は時間を区切っているので、そのスパンを見てトレードしなければなりません。

ただ、いずれにしてもビットコインの価格の流れされ掴むことができ、かつ資金を管理する能力が十分にあれば、より少ない資金で現実通貨を増やすことができる有意義な方法ともいえます。