ビットコインの最高値はいくらまであがる?

ビットコインの価格推移

ビットコインの最高値は、今のところは34万円くらいになっています。5月の26日に33万9千円くらいを記録しました。その後暴落しましたが、6月の12日にはまた同じくらいのポイントまで上がっています。今後最高値が更新される可能性はそれなりに高いでしょう。
ビットコインFXのほうは、35万円を一時的に超えたこともあるようです。現物の取引と、FXでは「BTC/JPY」の数値が異なることに注意が必要です。
ビットコインの採掘量は年々減少しているようですが、ビットコイン決済に対応している店舗やネットショップが増えいている影響などで、今後はますます普及していくものと思われます。最高値としては、100万円と予想する人もいれば、1,000万円と予想する人もいます。このままビットコインが仮想通貨のトップを維持し続けていれば、上昇を続けていくことでしょう。しかし、2位以下の仮想通貨の中にも有望なものはありますので、将来的に追い抜かれてしまう可能性もあります。そうなると、それ以上は伸びなくなるか、大暴落をしてしまう可能性もあります。将来のことはだれにもわからない問題ですので、ビットコイン投資は投機であるとも言われています。

ビットコイン1BTC価格の推移について

ビットコイン1BTCの価格は、最初はゼロ円からスタートしました。2013年には一時的に12万円くらいまで上がりましたが、その後暴落し、5万円くらいを推移していました。2016年には再び急騰して、2017年の3月には15万円くらいにまで上昇しています。それ以上は上がることはないという予想もありましたが、その予想は良い意味で裏切られ、2017年の5月には最高値の約34万円を記録しています。
ビットコインの価格は、ちょっとしたニュースなどで大きく変動することがあります。信用が落ちるようなニュースが流れると、暴落をしてしまう傾向があるので、ニュースについてもよくチェックしておくことが大切です。
ビットコインの取引所によって、トレード方法などが異なるということには注意をしておきましょう。取引所によっては、ビットコインFXでスワップポイントがかかることもあります。また、1日の取引の最後の値段のことを終値と言いますが、先物取引では期日が来ると、終値で強制的に決済がされてしまいます。FXと思って取引をしていたら、先物取引だったので、期日が来たタイミングで強制決済がされてしまい、損失が出てしまったというトラブルもあるので、よく確認をしておきましょう。