ビットコイン取引の日本人の割合は?

投機好き日本人とビットコインを知っておこう

近年話題を集めている金融商品といえばビットコインですが、これは多くの日本人や外国人が購入しています。

気になるには日本人がどれくらいの割合で取引をしているのかということです。
やはり取引が多いと需要があるということになるためビットコインの価値をも高まるといえるでしょう。

2017年の8月の段階を見てみると取引量の多い国は中国となっています。
大体9割以上を占めていましたが政府の規制強化によりレバレッジ取引ができなくなっているのが現状です。
日本の場合だと取引量は日本円は3割から4割を占め、こちらは米ドルとほぼ大差のない取引量となっています。大手の取引所だと日本円を使って売買を行っている方が非常に多く半分以上を占めているのが特徴です。

1日に200億円以上の取引がされていて日本のレバレッジが人気となっていることがわかります。
実際にいま日本では最もビットコインの取引が盛んで世界一とも言われている、これからもっと売買業者が増えていく可能性もあるので今から注目の金融商品と言えるでしょう。

現状店舗やネット通販で利用できるところが日本には多く用意されているので、これも売買量が多くなっている原因と言えます。

ビットコインの生みの親サトシ・ナカモトが書いた暗号通貨に関する論文の内容は?

仮想通貨のビットコインは価格変動を繰り返し、さらにブロックチェーン技術により安全かつ安価にやり取りが出来る画期的な商品です。

この便利な仮想通貨を作り出したのがサトシ・ナカモトと呼ばれる人物で、いちよう仮名となっています。
暗号通貨の論文を発表しているのですが、その内容について知っておくといいでしょう。

その内容は純粋なP2Pを使う電子マネーは金融機関を使わないため、オンラインで直接やり取りできる画期的な商品です。
電子マネーにおける二重使用問題の解決案を出し、ネットワーク取引の際にプルーフオブワークチェーンにハッシュ値として更新日時を記録し履歴を作成します。

これがブロックチェーンの原点で情報を記録すれば改ざんを容易にできなくなるのが特徴です。
一定以上のコインを市場に輩出するようにすればインフレを回避し、価格の大暴落も防ぐことができるといった内容となっています。

ビットコインは値段の上がり下がりを繰り返し一時期はバブルが到来し、現在大きく価格が跳ね上がっているのが現状です。

これからもどんどん上昇していく可能性を秘めているので購入しておいて損はないでしょう。